統計数理研究所
◆シンポジウム◆

統計数理とスーパーコンピュータ

日時 : 2012年9月27日(木) 13:00〜17:35
場所 : 統計数理研究所 2階 大会議室
統計数理はデータを扱う学問であり、データ処理のためにも計算機の利用は欠かせない。さらに、集められるデータ量が継続的に、また近年は爆発的に増大しているため、大型のスーパーコンピュータが必要とされる場面も多い。本シンポジウムでは、スーパーコンピュータの専門家、統計数理の専門家、スーパーコンピュータメーカーに講演を依頼し、スーパーコンピュータの技術動向を理解するとともに統計数理におけるスーパーコンピュータの活用法の将来像を探ることを目的とする。
プログラム
司会: 田村 義保 (統計数理研究所 副所長)

13:00-13:10
「開会挨拶」
  樋口 知之 (統計数理研究所 所長)
13:10-13:50
「コモディティベース・スーパーコンピュータの動向とセンター導入について」
   泰祐  (筑波大学計算科学研究センター 教授)
13:50-14:20
データ同化とスーパーコンピュータ
  上野 玄太 (統計数理研究所モデリング研究系 准教授)
14:20-14:50
Big data処理へのアプローチ
 中田 登志之(日本電気株式会社中央研究所 主席技術主幹
14:50-15:20
SGI Technology Futures
  Eng Lim Goh (SGI Corp. Senior Vice President & Chief Technology Officer)
15:20-15:30
休憩
15:30-16:00
生命科学やネットワーク解析における統計計算
  下平 英寿 (大阪大学大学院基礎工学研究科 教授)
16:00-16:30
ビッグデータ時代のハイパフォーマンスコンピューティング
  五百木 伸洋 (日立製作所ITプラットフォーム事業本部第2基盤ソフト設計部)
16:30-17:00
グリーンITに関するCrayの取り組み
  中野 守  (クレイ・ジャパン・インク 代表取締役社長
17:00-17:30
統計処理同化システム
  成瀬 彰  (富士通研究所ITシステム研究所サーバテクノロジ研究部 主任研究員
17:30-17:35
閉会挨拶
  中野 純司 (統計数理研究所 統計科学技術センター長